富山ならでは

・立山黒部アルペンルート
北アルプスの山岳地帯をバスやトロッコなどを乗り継いで観光できます。途中、高さ日本一の「黒部ダム」(186m)、春には20mにもなる雪の壁を散策できる「室堂」、眼前にはプロの登山家を惹きつける3000m級の山々が連なる大パノラマ、落差日本一の「称名滝」(350m)ほか、登山初心者でも大いに楽しめる山岳観光地です。

・黒部峡谷
北アルプスを削って流れる黒部川が作った日本最深のV字峡。トロッコ電車で辿れます。宇奈月温泉があります。下流の黒部川扇状地には、黒部市生地の湧水群や入善町の沢杉などで水が湧き出し、コンコンと水をたたえています。

・こきりこ節
五箇山地方に伝わる異本最古の古代民謡。9月には、白山宮の祭礼に伴い、「こきりこ祭り」が開かれる。

・富山湾
海岸から数㎞で一気に落ち込む富山湾は、深いところで1,200m以上。深い谷がいくつも刻まれ、海岸近くまで迫っています。その谷は「あいがめ(藍瓶)」と呼ばれ、シロエビやベニズワイガニなどの住処。ホタルイカもこの谷を浮上してやってきます。特にシロエビは富山湾でしか捕れません。また、ブリをはじめとする回遊魚がやってきて、天然のいけす「富山湾」は暖流系、寒流系、両方の魚がバラエティに富んでいます。