平成31年 1月号

表紙絵 「剱岳八ツ峰仙人池より」  藤森 兼明

活躍する県人 ノーベル賞授賞式、本庶氏に医学生理学賞/湊京大副学長も参列/日ロ首脳会談に同席、野上官房副長官/高橋北海道知事が参議院へ出馬表明/正論大賞に西修教授/バスケ馬場が故郷凱旋、ダンク決めたW杯予選 ほか

TOYAMA-ひと 宮腰 光寛さん

郷友の随想 中村忠良 萩原広行

ふるさとメール 

とやまの政経  立山にロープウエー計画、称名滝か美女平の2案で試算/県人口105万人割る/国の中枢中核市に富山、高岡、射水の3市/聖火リレー6月3、4日/26小学校を19校に再編、高岡市の骨子案 ほか

トピックスとやま  石動駅モダンな新駅舎に、自由通路で市街地南北結ぶ(小矢部)/駅前広場がリニューアル(砺波)/大牧温泉行き遊覧船再開(庄川)/サクラマスを海上養殖(射水)/西総合病院がへき地医療(八尾)/旧村木小に公民館など(魚津)/町活性化考える再生会議(朝日)/深層水でマス完全養殖達成(入善)

2018県内の主な出来事